【ブドウシリーズ】カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴についてまとめ

カベルネ・ソーヴィニョンは、ピノ・ノワールに並んで赤ワインの二大人気品種と言われているブドウ種です。
あまりワインに親しみのない方でも名前だけは聞いたことがあるのではないででょうか。この記事ではそんな「カベルネ・ソーヴィニョン」の魅力に迫ります!

カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴

濃い赤紫色をしているブドウ種で、その見た目からもコクのあるワインを作りそうな風格が伺えます。

【カベルネ・ソーヴィニヨンの味わい】
カベルネ・ソーヴィニヨンは、空気に触れるたびに味わいが変わることでも有名なブドウ種です。
見た目の色の濃さに反することなく、力強く、コクがある味わい。飲んだ後も余韻が続くので、「しっかりと赤ワインの味を味わいたい」という時におすすめです。

特に、チリで作られたカベルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインは他の地域に比べると、スパイシーでチョコレートのようなずっしりとした赤ワインに仕上がっているものが多いです。
「普段飲んでいる赤ワインよりも重たいものが飲みたいな」という時はチリ産のカベルネ・ソーヴィニヨンにチャレンジしてみましょう!

【カベルネ・ソーヴィニヨンに合う料理】
パワフルな味わいのカベルネ・ソーヴィニヨンには、牛肉が非常によく合います。
特に脂身が少なく、噛み応えのある赤身の部分を利用した料理がおすすめです。定番の赤みのステーキや赤みを使ったかつサンドもよく合いますよ。

カベルネ・ソーヴィニヨンを使ったチリワイン

カベルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインは重みがあり、気合を入れたい時や、元気を出したい時にもってこいの赤ワインです。
ここではそんな「カベソー」を使った、おすすめのチリワインをご紹介します。

モンテス アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン

チリの中でも有数のワインメーカーである「モンテス社」。
会社設立の1998年当初に発明されたワインが、この「モンテス アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨン」です。
モンテス アルファ・カベルネ・ソーヴィニヨンは輸出用チリ産初のプレミアムワインになり、チリのクオリティワインを先導してきました。
伝統的なチリのクオリティワインの味が堪能できる、高級感のある赤ワインだといえるでしょう。

ヴィーニャ・エラスリス エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン

3年連続で「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に輝いた歴史をもつ「ヴィーニャ・エラスリス エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。
140年の歴史を誇るチリの有名ワイナリー「ヴィーニャ・エラスリス」で醸造された赤ワインです。チェリーやイチゴなどのみずみずしい味わいの中に重みのあるコクが感じられるワインに仕上がっています。

まとめ

他のブドウ種と比べて、重厚なコクとパワフルさをまとっている「カべルネ・ソーヴィニヨン」。
「本格的な味わいの赤ワインが飲みたい」という時は、ぜひカベルネ・ソーヴィニヨンを使用した赤ワインをチョイスしてみてください。

チリワインの白ワインのでよく使われるブドウ品種、シャルドネの特徴についてもまとめました。こちらのブドウ品種もチリワインには欠かせないので、知っておくと良いですよ!