【ブドウシリーズ】ソーヴィニヨン・ブランの特徴についてまとめ

ソーヴィニヨン・ブランの特徴

ソーヴィニヨン・ブラン種は白ブドウの品種のひとつ。シャルドネ種と並ぶ人気を誇っています。ソーヴィニヨン・ブランを使用した白ワインは、爽やかな飲みごごちのワインなので、白ワイン初心者の方にもおすすめです。
「初めて白ワインを自分で購入するけど、失敗したくないな…」という方は、ソーヴィニヨン・ブラン種で作られた白ワインを選んでみてはいかがですか?

ソーヴィニヨン・ブランの味わい

白ワインらしい爽やかな風味と柑橘系やハーブを感じさせる香りをもつソーヴィニヨン・ブラン種。時には植物系、ピーマンなどの野菜や煙たい香りと表現されることも。さっぱりとした辛口ワインが多いので、気分転換したい時にも好まれる味わいです。

ソーヴィニヨン・ブランに合う料理

アロマに使われるハーブのような植物系の香りを感じるソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインには、新鮮な野菜を使ったサラダやサーモンのカルパッチョなどの魚料理がよく合います。
トッピングに柑橘やハーブをのせるとなおよし!

ソーヴィニヨン・ブランを使ったチリワイン

ソーヴィニヨン・ブランの原産地はフランスのボルドー地方ですが、原産地以外の国の方が代表的なワインになっている、珍しいブドウです。
中でもニュージーランドのマールボロ地区のワインは、ソーヴィニヨン・ブランの特徴をうまく引き出している代表的なワインと言われています。近年ではチリで生産されたソーヴィニヨン・ブランも高く評価され、注目を浴びています。

ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブランは、一握りのシャトーにしか与えられない特別な称号「第一級シャトー」を獲得したラフィットが手がけた白ワインです。
値段も1500円前後と、ワイン初心者さんも手が出しやすい1本。ソーヴィニヨン・ブラン特有の爽やかさとアロマの香りを存分に引き出した味わいになっています。

ソーヴィニヨン・ブラン・トラディション 2018 タウリーノ・デ・チリ

ソーヴィニヨン・ブランの独特な香りの特徴を残しながらも、日本人が飲みやすいように改良が重ねられて作られた白ワイン。パイナップルやレモンなどの香りも感じられるソーヴィニヨン・ブランを使ったチリワインの中でも飲みやすい白ワインです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
爽やかでスタイリッシュな味わいの酸味が効いたワインが多いソーヴィニヨン・ブラン種の白ワイン。
様々な料理にも合うので、知らないうちにたくさん飲んでることもあります。
ソーヴィニヨン・ブラン種を使用したお好みのチリワインに出会えるといいですね!

チリワインには欠かせないブドウ品種であるカベルネ・ソーヴィニヨンの特徴についても同じくまとめてあります。そちらもぜひ覗いてみてくださいね。