【ブドウシリーズ】カルメネールの特徴についてまとめ

チリの赤ワインに使用されることの多い「カルメネール」。
この記事では大人っぽい雰囲気を醸し出す「カルメネール」の特徴や味わいをご紹介します。

カルメネールの特徴

原産国はフランスのボルドー地方ですが、現在では南米チリを代表するブドウ種となったのがカルメネールです。
ちなみに現在ではフランスではほとんど栽培されていません。
妖艶な雰囲気を感じるカルメネールを使用した赤ワインは、大人の気分を味わいたい時にもってこいのワインに仕上がります。

【カルメネールの味わい】
ビターチョコレートやコーヒー、カシスなど、ちょっぴり大人で深みのある味わいをもつカルメネール。背伸びをした気分になりたい時や、心を落ちつかせたい時、ホッとしたい時にもぴったりな味わいです。

【カルメネールに合う料理】
コクの深さが特徴のワインなので、カルメネールにはコクがある料理が合うでしょう。
牛肉のデミグラスソースがけや、ラクレットチーズを使った料理、スパイシーな料理もカルメネールの魅力を引き立てます。

カルメネールを使ったチリワイン

カルメネールはチリを代表するブドウ種なので、カルメネールを使ったチリワインの種類も豊富です。
ここでは数ある中から、おすすめのワインをご紹介します。

ヴィーニャ アキタニアカベルネソーヴィニョン ロゼ

大人な味わいで誰にでも愛される味わいであることから、贈り物にも選ばれることの多い「ヴィーニャ アキタニア」。
色味はオレンジがかったロゼの中でも珍しい色合いをしています。実の詰まったプルーンやチェリーの香りと、凝縮した果実味の味わいを口いっぱいに感じることのできるロゼワインです。
見た目も可愛いので、女子会にもおすすめできます。

テラノブレ カルメネーレ レゼルバ

スパイシーで深みのある香りを楽しめる「テラノブレ カルメネーレ レゼルバ」。
チリ最大の生産地で作られたカルメネールを使用しており、チリワインの個性が存分に堪能できる一品です。
果実味とボディのバランスも良いので、「代表的なチリワインの味を知りたい!」という方はテラノブレ カルメネーレ レゼルバを試してみてください!

まとめ

大人な味わいと深みをもつブドウ品種であるカルメネール。
カルメネールを使ったチリワインは、仕事終わりのゆっくりとしたい時や、少し贅沢な気分に浸りたい時におすすめです。
種類も豊富なので、気分に合わせて選べるようにカルメネールを使ったチリワインを数種類ストックしておくのもいいかもしれません。

ほかのブドウ品種であるピノ・ノワールの特徴についても書きましたので、ぜひそちらもご覧になってブドウについて詳しくなってみてくださいね。